入れ歯治療 | 【ひであき歯科】吹田市千里山、緑地公園の一般歯科・インプラント・ドイツ式精密義歯 関大前、南千里

入れ歯治療

入れ歯が得意なひであき歯科医院

治療紹介

安定した咬合を作り快適な義歯作りを行っています

患者様A

画像

治療前

画像

治療後

患者様B

画像

治療前

画像

治療後

患者様C

画像

治療前

画像

治療後

患者様D

画像

治療前

画像

治療後

ひであき歯科医院の入れ歯治療

  • 入れ歯が歯ぐきに当たって痛い
  • 入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟まって痛い
  • がたついてすぐに外れてしまう
  • お口を開けてしゃべれない
  • 落ちてこないか心配
  • おもいきって笑えない
画像

しかも、合わない入れ歯を調整しても合わず、違う医院で作り直しても合わず・・・。
「歯科医院めぐり」を何度も繰り返して、結局は不満が残ったまま・・・。

従来の入れ歯は合わない入れ歯が圧倒的に多いので、
「入れ歯は合わなくて当たり前、安定剤を付けて合わせればいい」という方が大勢います。

画像

では、なぜ入れ歯が合わないのでしょうか?

その理由の一つに入れ歯作りのステップにあります。
この入れ歯作りのステップは、国民健康保険制度ができた1961年ごろにでき、
そのコンセプトは「いかに早く効率的に入れ歯を作るか」というものです。

それからこのコンセプトを基に、多くの方に入れ歯を提供でき、
お口の機能回復がはかられてきました。

しかし、今日に至っても入れ歯作りのコンセプトはそのままなのです。
すなわち、早く大量に入れ歯を作ることが第一の目的となり、
お口に合った入れ歯を作ることは二の次になっています。
その結果、入れ歯が合わず悩まれている方が多くいらっしゃいます。

他院様で自費の入れ歯を作ったものの合わないため、当院を受診される方もいらっしゃいます。
保険の入れ歯が合わず、費用をかけ自費の入れ歯を作ったのになぜでしょうか。

なぜそんなことになるのかというと、従来の入れ歯は保険も自費も作り方が同じで、
自費の入れ歯では高価な材料に置き換えているだけなので
同じ形のものができてしまうからです。

高価な材料を用いるだけでは入れ歯の問題は解決しないので、
合わない入れ歯になってしまうのです。

入れ歯は快適に使えるものです! 

画像

入れ歯にまつわるイメージに「合わない」「目立つ」というマイナスイメージがあるではないでしょうか。

しかし最近の入れ歯は格段に進歩しています。

当院でも、多くの方々にさまざまな入れ歯を作製しております。
もちろん、他医院で作られた入れ歯の調整も可能です。

入れ歯の調整はとても繊細なものです。

当院では、多くの経験を積んできた歯科技工士と提携しており、
歯科医師と歯科技工士がタッグを組み、患者様にとってベストな義歯を作るため
とことん話し合い、咬合(咬み合わせ)から考えた入れ歯作りを実施しています。

入れ歯に関するお悩みがあれば、遠慮なさらずお話下さい。

オーダーメイドの超精密義歯

画像

入れ歯にまつわるイメージに「合わない」「目立つ」というマイナスイメージがあるではないでしょうか。

ひであき歯科医院では、リヒテンシュタイン公国に本社を構える「イボクラールビバデント社」
のBPS(Biofunctional Prosthetic System-生体機能的補綴システム)を取り入れています。

BPSとは、「イボクラールビバデント社」が誇る最新の精密義歯システムです。

BPS精密義歯はかみ合わせの精度が格段に高く、
密着度、耐久性、審美性が従来の入れ歯と比べて非常に優れています。

アメリカの歯科大学・歯学部49校中23校が教育カリキュラムに取り入れています。

当院院長は「イボクラールビバデント社」より公認を受け、国際ライセンスを取得しております。
ひであき歯科医院では、BPS国際公認技工士とともに
あなたのお口にぴったり合った入れ歯を製作します。

超精密義歯(BPS)の治療の流れ

画像

まず、入れ歯に関する悩みや不安、不満をきちんと聞かせて頂きます。
その上で、今の入れ歯の問題点、改善が必要な点を診断します。

次に多くの方の場合「治療用入れ歯」を製作し、使用して頂きます。

合わない入れ歯を長期間使用していた場合は、
本来の顎の位置とは違う不適切で不自然な咬み癖がついてしまいます。

それを本来の自然なかみ合わせの位置に戻すためには、
治療用入れ歯で2~6ヶ月かけて治療していく必要があります。

状態が悪くて歯を抜く場合なども、
歯ぐきの安定を待つためにも治療用入れ歯が必要です。
お口にぴったり合った最終義歯のために、
この治療用入れ歯というプロセスはとても重要なステップです。

治療用入れ歯で安定してから、最終義歯を作っていきます。
患者様専用のトレーと、顎の動きを精密に記録する装置を作製し、
それをお口の中で型取りと顎の動きを記録します。
それを複数回行い、あたかも使っているような状態の記録ができ、精密な入れ歯をつくります。

その記録とともに、かみ合わせと発音のチェック、
お顔全体からの歯の大きさ、形、バランスなどや、
入れ歯らしく見せないよう歯や歯ぐきに色をつけたりなど、
細かな要望をお聞きし、歯科技工士が丁寧に入れ歯を作製します。

そして出来た入れ歯は保険制度の中で作った入れ歯と違い、
装着したその日から体の一部として使って頂けます。

ミニインプラント

画像

ミニインプラントは、強力な入れ歯安定装置で、
現在売られているどんな入れ歯安定用剤よりもはるかに強固に、
入れ歯の安定をはかることが出来ます。

この装置を使用することにより、今まで不自由していた食事から開放され、
固いものや、餅、飴などのようなひっつくものも安心して食べることができる様になります。

入れ歯の裏側に特殊な金具を付けて、ちょうどホックで留める様に、
入れ歯とネジとカチッとかみ合い簡単に入れ歯を留めたり外したり出来ます。

ミニインプラントは、次のような方にお勧めです

  • 入れ歯が動いて不快感のある方
  • 固いものやひっつくものを普通に食べてみたい方
  • 十分に噛めないので胃腸が弱い方
  • 入れ歯を気にしないで思いっきり会話をしたい方
  • 入れ歯を気にしないで思いっきり笑いたい方

 

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.06-6318-7824
診療時間
9:30〜13:00

/

/

14:30~19:30

/

/

休診日
休診・・・木曜日・日曜日・祝日
▲・・・土曜日の午後は14:00-17:00
※ 祝日のある週は木曜日診療致します。

© 吹田市の歯医者・歯科医院ならひであき歯科医院. All Right Reserved.