むし歯治療 | 【ひであき歯科】吹田市千里山、緑地公園の一般歯科・インプラント・ドイツ式精密義歯 関大前、南千里

むし歯治療

むし歯ゼロを目指します。

治療紹介

なるべく削らない、痛くない治療を心がけています。

画像

ひであき歯科医院のむし歯治療

画像

細菌は、飲食した食べ物から栄養をとり、酸を作ります。
この酸によって歯が溶かされてしまった状態がむし歯です。
人間にはこの酸と闘う抵抗力(唾液や歯の質)があります。

しかし、酸にさらされる回数が多かったり、
時間が長かったりすれば酸との闘いに負けて、むし歯になってしまいます。

そして、むし歯をそのまま放っておくと痛みが出てくるのは、
細菌が歯の中の神経まで感染してくるからです。

残念ながらむし歯になってしまった場合、むし歯の程度によりますが、
最小限にむし歯の部分だけを除去し、極力健全歯質を残すようにして、
白い詰め物や金属の詰め物でなおします。

できる限り神経を残す(歯の寿命を長くする)よう心がけていきます。
歯の寿命は神経を取ってしまうと、飛躍的に短くなってしまいます。

画像

現在では、むし歯は発生過程や、予防法、治療法が体系的にまとめられています。
従来のむし歯を削って、つめる、被せるといった治療は機能回復の治療で、
むし歯菌検査などで、むし歯のリスクを調べてコントロールし、
これからむし歯を作らないようにすることが、本来のむし歯治療と考えます。

ひであき歯科医院では治療のやり直しが少なく、
長く維持できるよう精度の高い治療を心がけております。

また、再びむし歯にならないようそれぞれの方に応じた予防方法でお口の健康をサポートします。

必要以上に歯を削らないために

ダイアグノデント

画像

できるだけ歯を削らないようにするには、
むし歯が初期の段階に早期発見し、治療することがとても大切となります。

そこで登場するのがダイアグノデントです。

ダイアグノデントとは、レーザーによる最新式のむし歯検査機器です。
レーザーを歯に照射して発光状態をチェックすることにより、むし歯の深さや、
レントゲンや直視では判断がつかないむし歯の状況などが詳細に把握できます。

これにより「必要以上に歯をけずらない治療」が可能となりました。

拡大鏡を用いた高品質な治療

画像

歯科治療は、細かい作業を必要とする治療です。

特に歯の根は複雑な形状をしているため、肉眼だけでは限界があります。
そこで当院では、治療内容により、拡大鏡を用いた治療を行っています。

拡大鏡を使用することによって、より精密な治療を行う

ことができるようになり、
削る量も最小限に抑えることができるようになりました。

簡単に歯を削るのではなく、精密な治療で少しでも長くご自身の歯を長く使って頂きたい
と考えております。

治療前後の説明をしっかりと行います

画像

当院では、患者様との信頼関係をとても大切に考えています。
そのため、まずは患者様のお話をしっかりとお聞きし、
その上で現在の口腔内の状態をご説明させて頂き、
様々な治療方法の中から患者様のご希望にそった提案をさせて頂きます。

患者様ご自身が納得できない治療はいたしません。

治療の節目に、歯科医師や歯科衛生士が丁寧に説明を行います。
少しでも気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.06-6318-7824
診療時間
9:30〜13:00

/

/

14:30~19:30

/

/

休診日
休診・・・木曜日・日曜日・祝日
▲・・・土曜日の午後は14:00-17:00
※ 祝日のある週は木曜日診療致します。

© 吹田市の歯医者・歯科医院ならひであき歯科医院. All Right Reserved.